ワクチンでインフルエンザを予防する 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

ワクチンでインフルエンザを予防する

普段から手洗い・うがいなどで予防していても、インフルエンザにかかることもあります。
その年に流行するインフルエンザのワクチンを事前に受けておくことで、さらなる予防になります。
ワクチンは、免疫力の働きを補佐・補強するもので、大人は1回、子供やお年寄りは2回接種します。
大人の方が免疫力や体力があるので、1回の接種で済みます。
しかし、子供は大人に比べウイルスの感染したことが少ないので免疫力を高めるためにも2回接種します。
お年寄りも2回接種するのは、年齢とともに下がる体力・免疫力を補強するためです。
インフルエンザは毎年流行する型が違うので、ワクチンも毎年受けるほうがより効果的です。
ワクチンに頼るだけでなく、自分で予防することも大事です。
寝不足やストレスは免疫力を低下させる原因にもなるので、規則正しい生活を心がけましょう。
栄養バランスのよい食事は免疫力だけでなく、健康のためにも良いのです。
あとは毎日の手洗い・うがいで、かなりインフルエンザを防止することができます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引