高免疫力を維持する食事 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

高免疫力を維持する食事

食事の取り方によって免疫力の強さは変わってくるくらい、栄養バランスはとても重要です。
若い頃から野菜不足・塩分の取りすぎなどの偏った食事は免疫力が低下する原因になります。
無理なダイエットも、体を動かすのに必要なエネルギーが足りず良くありません。
免疫力を高めるさせることが、健康維持にも繋がるのです。
そのためにも、普段の食生活を見直していきましょう。
日ごろから動物性タンパク質や脂肪の多い食事は、癌の原因になりやすいと言われています。
体内に入ったウイルスや癌細胞をやっつけてくれるのが、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。
脂肪分の多い食事だと、NK細胞の活性が弱くなってしまいます。
欧米化が進む現代の食事では肉食メニューになりがちですが、食べ過ぎはよくありません。
また、濃い味付けが好きな人は、塩分を取りすぎの可能性があります。
塩分に含まれているナトリウムが多くなると、血管を収縮させ血圧を上げてしまうことになり、高血圧の原因にもなります。
人間が生きていく上で、塩分は欠かせません。
まったく摂取しないわけにはいかないので、料理の味をなるべく薄味に変えるように心がけましょう。
また同じ食塩でも、天然塩はミネラルが多く含まれているものを選ぶとよいでしょう。
栄養バランスの取れた食事を食べているだけで、高い免疫力と病気にもかかりにくい体を維持できるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引