免疫力が高いと糖尿病予防にもなる 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

免疫力が高いと糖尿病予防にもなる

免疫力が低下するとインフルエンザや様々な病気にかかりやすくなるので、免疫力を高める必要があります。
生活習慣の糖尿病が発病しやすいのは、免疫力が低下することです。
運動不足による筋力低下などが原因で、体内の血流は悪くなるます。
血流が悪くなると、特に手足などに冷えを感じます。
体の冷えによって、糖は体内をうまく循環できず燃焼しきれない状態になり、余った糖は尿と一緒に外に排出されます。
この状態が糖尿病で、体の冷えは免疫力にも良いとは言えません。
血糖値を通常の平均値に戻すには糖の燃焼をうまくすること、つまり体の冷えを改善することが大切なのです。
他にも、免疫力の低下に繋がるミネラルやビタミンが不足することも糖尿病の原因はなります。
糖尿病になったら、尿中に糖やたんぱく質と一緒に必要不可欠なミネラルが排出されやすくなるのです。
ミネラルなどが排出されやすくなってしまう上に、糖尿病は食事制限があります。
なので、どうしてもビタミンやミネラルが不足しがちになってしまうのです。
免疫力にとっても大切な栄養素なので、日ごろから摂取しなければなりません。
体が冷えないように対策をして、ビタミン・ミネラルを毎日取れる食事に変えることによって、体の中から予防出来ます。
糖尿病・免疫力だけでなく、生活習慣病を予防するためにも食生活を見直しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引