どうして免疫力が下がるのか 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

どうして免疫力が下がるのか

いろいろな原因が重なることで、免疫力が低下する人が多いようです。
大気・水質汚染、ダイオキシンなどの科学汚染なども免疫力が下がるようです。
これらの原因をそれぞれが改善するのは難しいことです。
ですが、生活環境や食生活など自分が出来ることから解決することで免疫力は改善されます。
歳を取るにつれて、免疫力は自然に低下してしまうものです。
その上、慢性的な運動不足だと筋力が低下して基礎代謝が低下してしまいます。
代謝が低下すると、老廃物が溜まりやすくなるので、免疫力にはよくありません。
ストレスも溜まると免疫力に影響があります。
食欲不振・自律神経のバランスの崩れなどはストレスが原因です。
ストレスは免疫細胞にとって悪影響なので、心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなってしまうのです。
多少の差はありますが、誰にでもストレスはあるものなので、自分に合うリラックス法を見つけておきましょう。
毎日の食事を考えることも、免疫力を考えることになります。
コンビニ弁当やスナック菓子ばかりでは、十分な栄養を摂っているとは言えません。
免疫力にとって、ビタミンやミネラルを多く含む食材が良いです。
なるべく栄養バランスの良い食事を食べるようにしましょう。
免疫力が下がる原因をよく理解して、出来ることから改善していきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引