なぜ免疫力を強くしなければならないのか 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

なぜ免疫力を強くしなければならないのか

風邪などを予防するだけでなく、免疫力を強くしなければならないのはなぜでしょうか?
二十歳を過ぎると、もともとある免疫力は少しずつ低下していきます。
特に免疫力を高めることをしないと、歳をとっていくにつれてウイルスや細菌が繁殖しやすくなって、癌にかかってしまう確率が高くなってしまいます。
二十歳の頃にあった免疫力は、50代に入ると半分にも減ってしまうのです。
癌発症の平均年齢は50代が最も多く、中高年になってから免疫力を高める努力を始めても、手遅れになるかもしれないのです。
未然に防ぐためにも、普段から免疫力を強くするようにしましょう。
若いうちは特に食事に偏りがあります。
慢性的な野菜不足・インスタント食品ばかり・朝食抜きなど、一日体を動かすには足りない栄養になりがちです。
食の欧米化やファーストフードが主流になっている現代人は、ビタミンやミネラルが不足しています。
免疫力には、ビタミンやミネラルは欠かせません。
肉ではなく魚、野菜を多く取るようにする、朝のコーヒーの代わりに野菜ジュースにするなど、一日の摂取栄養バランスを調整していきましょう。
どんなに栄養バランスの良い食事ばかり食べていても、ストレスの多い生活なら免疫力は一向に強くなりません。
免疫力の天敵であるストレスは、身体的と精神的と2種類あります。
長時間労働が続いていると翌日まで疲れが残ってしまうこともあるでしょう。
また不安・緊張・悩みなど精神的なもので、眠れない日々が続き心身ともにリラックス出来ていない状態もいけません。
リラックス出来る相手と過ごす時間や好きなことをする時間などを毎日少しつくるような努力をすることによって、免疫力も自然と高まるでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引