体の冷えは免疫力を下げる 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

体の冷えは免疫力を下げる

体温が低いと体には良くありません。
免疫力も低くなり、様々な病気にかかりやすくなってしまうのです。
体調を崩しやすい人などに見られる低体温は、新陳代謝が悪くなっている証拠です。
代謝が悪いと、冷え性や足のむくみの原因にもなります。
体温が36℃?36.5℃なら、酵素が働き免疫細胞も活性化され免疫力はアップします。
しかし、体温がたった1℃下がるだけで、免疫力が3割ダウンしてしまいます。
体温が下がる原因は、運動不足・偏った食事・ストレスなどいろいろあります。
特にストレスは慢性的なものになると、自律神経のバランスが狂ってしまい血流が悪くなります。
自律神経系の疾患も併発する可能性もあるのです。
また、運動不足は筋力の低下するだけでなく、生活習慣病になりやすくになります。
ストレッチなど毎日続けられる軽い運動をするように心がけましょう。
朝起きてまず冷たい水を一杯飲むという人も多いようですが、絶対に止めましょう。
体温を下げる原因になってしまうので、一度沸騰させたお湯(40℃くらいに冷ます)を飲みましょう。
お湯を飲むことによって、寝ている内臓を起こして温めるからです。
適度な運動・バランスの取れた食事・規則正しい生活などを維持して、毎日数分でもいいのでリラックスする時間をつくりましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引