酵素食品を食べて免疫力アップ 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

酵素食品を食べて免疫力アップ

免疫力を高めるのは、風邪など引きにくい体をつくることが出来ます。
酵素を多く摂取することは、免疫力アップに繋がります。
酵素とは食事から摂取するタンパク質とは違い、細胞で作られるタンパク質です。
この酵素は血液をサラサラにして細胞を活性化させる、私たちの体に必要な栄養素です。
酵素を作りやすい環境を作り免疫力を高めるためにも、細胞の酸化・老化を防止することがとても大切です。
普段の食事から酵素を多く含む食材を取り入れるようにしましょう。
消化酵素が多く含まれている大根には、ジアスターゼという成分によって消化・吸収を助ける作用があります。
より効率よく酵素を摂取するには、大根おろしが一番です。
大根は抗酸化作用があるのですが、熱に弱いので調理する際には注意しましょう。
その他に、長いもは新陳代謝を高める作用があります。
ムチンというネバネバの成分が免疫力に効果があります。
摩り下ろして食べるより短冊切りにして生で食べる方が、長いもの抗酸化成分を全て吸収することが出来ます。
キムチ・納豆・味噌などの発酵食品や乳酸菌を多く含むヨーグルトなどの乳製品も免疫力を高めます。
組み合わせや料理によって、毎日食べることが出来る食材ばかりなので、続けて摂取しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引