更年期との関係 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

更年期との関係

子宮筋腫は生理がきている成熟期の10代から50代の女性がかかる病気です。この生理が始まり閉経までの女性はエストロゲンの分泌が盛んに行われている時期でもあります。子宮筋腫はエストロゲンが関与しているのです。子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンに依存して成長していると言われます。そこでこの年齢の時期はエストロゲンの分泌が盛んに行われ筋腫が成長していく可能性があるのでしょう。しかし更年期を過ぎてくると卵巣の働きが鈍りエストロゲンの分泌が衰えます。そうすると筋腫も成長しなくなってくるということです。
ですから更年期に近い年齢の人の子宮筋腫の治療は筋腫の大きさや症状を見ながらになります。経過観察をしながらの治療になるでしょう。例えば「逃げ込み療法」と言い一時的にエストロゲンを抑制する効果のある投薬で筋腫が大きくならないようにし更年期まで待つという治療方法があります。
筋腫の成長無くなる
更年期まで逃げ込んで手術をしないでおく治療法になります。

この時使用される投薬はリュープリンやスプレキュアなどです。この治療法のデメリットは薬の使用を終えると再び生理が来てしまった場合には筋腫は膨大し半年くらいで元の大きさに戻ってしまいます。つまり子宮筋腫は薬だけで根治的治療は不可能なのです。


更年期の子宮筋腫を経過観察と言う形での治療をする際に気を付けておきたいことがります。それはこのしこりが「悪性の子宮肉腫」ではないことの確認です。これは
MRIや血液検査などわかります。
薬物治療においては通常筋腫は縮小します。しかし薬物治療している間も子宮筋腫が急激に増大する場合は外科的治療に踏み切らなくてはいけません。また
閉経後も子宮筋腫が増大すると言ったケースは「子宮肉腫」の可能性があります。気を付けましょう。
逃げ込み療法の長期の治療には骨密度が低下するなど副作用があります。副作用がでないように工夫しながら投薬治療を続けていくことも重要です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引