免疫力が下がると 〜 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める

main_top_over_navi
main_top

免疫力が下がると

いろいろな病気やウイルスなどによる感染症になりやすいのは、免疫力が低下しているからです。
それぞれが持っている免疫力は、生活習慣・食事・年齢などによって上がったり下がったりします。
外には多くウイルスや細菌が飛んで、口や鼻から私たちの体の中に侵入します。
帰ったら手洗い・うがいで予防しますが、それでもインフルエンザなどにかかりやすい人は免疫力が低下していると言えます。
糖尿病・心臓疾患・腎臓病も免疫力が関係していると思われます。
また、免疫力が低下している期間が長ければ長いほど、癌発症率も高いのです。
免疫力が異常に低下すると起こる可能性があるのが、アレルギー症状が現れるようです。
花粉症、じんましん、喘息がこれらに当てはまると言われています。
男性は身体的、女性は精神的ストレスによって免疫力が下がる傾向があります。
寝不足や食欲不振になりがちなストレスによって、疲れが溜まりやすくなり、病気ではないが不調の日が続くということもでてくるのです。
男性に多いお酒・タバコも量が増えると、体には大きなストレスになるので、気をつけましょう。
どうすれば病気になりにくい体を保つかは、それぞれライフスタイルによって違います。
日々の生活を考え直してみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 免疫力アップ方法@食事で免疫力を高める All Rights Reserved.

株取引